何でない日本の夏の日常

暑いです。凄く暑いです。
日々、酷暑が続いていますね。

夏の庭に咲く花は限られています。
そういう時は、葉っぱに目が向かう。
いい形、かわいい〜、涼しげ〜。

d0316986_23271735.jpg

何でもない夏の小さな植物
蔓性植物
何やら美しいですね。
小さな時と育った時の葉っぱが
別人になってしまうカニクサ。

d0316986_23274228.jpg

でも何か好き!
好き!という感情を頂けるのは
ありがたいと思う。
綺麗だよ、ありがとう。

d0316986_2327315.jpg

[PR]
# by voyant-art | 2018-07-16 00:15 | オアシスの庭 | Comments(0)

雨ばかりの梅雨の合間の曇り日に

d0316986_9454376.jpg


1ヶ月ぶりの更新です。
6月はチャドクガ毛虫やアシナガバチ巣の出没時期。
もう庭に出られなくなります(虫アレルギー体質ですし、
何より、この2つの虫に散々な酷い目に会っているから)
やっぱり、コワ〜〜イ、コワ〜〜イですよ。
アシナガバチが巣を作る前に、作りそうな箇所は
点検しておかなくっちゃ(予防殺虫剤なるものを撒く)
石垣を這うアイビーの隙間によく巣を作るので、
ここだけは刈っておきましょうと、やり始めた途端に
お、おっと!腰が引けてしまった。早速見つけてしまいました。
6月の巣にしては大きいではないですか!ブルブル。
どうしよう〜〜〜。でもやっぱりココは勇気を出して今のうちに。
翌日、強力殺虫剤を準備し夜になってから(ネット検索指示に従って)
大袈裟な重装備をして駆除。やれやれ、フー。
翌朝、途中になってしまった刈り込み作業と片付け作業。
なんとゴミ袋9個になってしまった。ゴミ捨て場が遠いので大変です。
やっとゴミ収集日になって、3往復して完了。
その日、最後のゴミ捨てを終えて坂道から巣があった所を見上げると
手前に白いものが見えました。あ!咲いたー!
前置き長すぎてゴメンナサイ。上の写真がそれです。
アフリカ浜木綿。白い花は清楚で、やっぱり好きです。


今咲いているアガパンサス

d0316986_9455610.jpg

d0316986_9461836.jpg

梅雨休み、久しぶりの曇り(晴れとまでは言えない)
テッセンの今。形が変わっても風っぽいね。
最後は、
d0316986_19475842.jpg



おまけ
1ヶ月前の記事のその後です。
ジャノヒゲ、ハラン、シダなどを植えてみました。
(西側にあった草を東側のココへ移しただけ)
根付くかどうかわかりませんが、
植物が植物を呼び込むと信じて。
グリーンって、やっぱりイイですね。

d0316986_20185373.jpg

[PR]
# by voyant-art | 2018-06-23 20:30 | オアシスの庭 | Comments(4)

庭の小道造り

その昔、臭いから嫌いだったドクダミ
けれど、歳時記を読んだら、
白十字の花とあった。
それ以来イメージが変わりました。
確かに美しい白の十字。

d0316986_22103336.jpg


もう花が咲き終わった姿というのも
美しく、好きです。
サクラソウの今
まるで、お星様


d0316986_22104794.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話変わりまして、
前回、庭の小道造りの話を書きました。
正確には造り直しです。
庭にあったレンガや石を使っただけなので
いつでもアレンジできるのがメリット

d0316986_22254787.jpg
d0316986_2226065.jpg

木漏れ日、好きです。
最高ですね。
これも木々があるからこそ
生まれる光のシンフォニー。

そ、それで今回
一番、力を入れたのがココ(下)

d0316986_22261091.jpg

斜面なんです。
1段目の土止めをして平にしました。
斜面だったのですが、
平にしたので少し広くなりました。
ココをグリーンにしたいのですが
木陰すぎて植物が育たないみたい。
木々の雨傘、日傘の中に
入っているみたいな感じ。
かろうじて移してみた、
ウラシマソウは根付きました。
他に、この悪条件で育つ植物って
何があるのかしら?


[PR]
# by voyant-art | 2018-05-23 22:52 | オアシスの庭 | Comments(6)

あっという間

忙しくしている間に
庭の草花は次々と
入れ替わっていたようです。
もう終わってしまっていた花もあれば、
間に合った花、これからの花。

ホウチャクソウは間に合いました。
木漏れ日の中、いいね。

d0316986_78572.jpg


5月は庭の小道を直しています。
もう本当に土木作業が好きらしい。
土木というのか、石並べが好きなのよね。
合間に枯葉掃除。
針葉樹は今いっぱい落葉します。
枯葉掃除は秋だけじゃあないのよね。
お掃除していたら見つけた、
雑草のコモチマンネンソウ。
お星様のようで心和みますね。

d0316986_782339.jpg


そういえば、そろそろかしら?
生まれたてのガクアジサイ。
貝殻のような外側の花が
かわいいね。
もうすぐ6月

d0316986_781584.jpg


6月はお部屋片付け予定。
片付けながら作品処分してきていますが、
これがラストかな?
ずっと手放す気はなく大事に取っていた、
アートっぽい作品群。
でもね、持っていても飾る訳でもなく、
ずーっと段ボールの中ですから、
手放すことにしました。
そのうちアップすると思います。

[PR]
# by voyant-art | 2018-05-17 22:33 | オアシスの庭

微妙なピンクの世界

やっと仕事が終わりました。
久しぶりに庭に出ると、
芍薬の花が咲いていました。
濃淡のピンクの芍薬です。
内側と外側の花びらが
微妙に違うピンクの美しい花です。

d0316986_23401126.jpg


そしてシラン(紫蘭)の紫を含んだピンクの花
真っ盛りでした。これもまた美しいピンク
d0316986_23414966.jpg

そしてイキシャ
ビビットな濃厚なピンクの花
シンプルな形と色
かわいい

d0316986_23403145.jpg


ピンクと言っても、
かなり違いますね。


<思いっきり余談です>
幼い頃から絵に親しんで来ましたが、
実は絵が好きだった訳ではなく色が好きだったんです。
色を出したいがために絵を描いていたのです。
最初に通った絵の塾の先生が色の作り方を教えて
くださいました。
たとえばピンクを作るとして単純に赤に白を加えますよね。
でも、その配分で幾つものピンクが生まれる、もうそれだけで感動。
そこに黄色を加えたり青を加えたり、黒を加えたりすると、
もっと、いーっぱいピンク色が誕生します。もうワクワク興奮でした。
一番上の芍薬のピンク色を作るには何色を加えれば出来る?
シランのピンクを作るには?イキシャのピンクを作るには?
加えていく微量の色から何百色の微妙なピンクが生まれる訳です。
それが大好きなの。今でもね。

たとえば臭覚に優れた人がいますよね。
味覚が優れていたり、それを活かした職業もあります。
微妙な違いを区別できるセンサーがある人がいます。
私の場合は色に敏感です。というか、
好き嫌いが、はっきりしています。
だから写真を撮って、いくらピントが合ったとしても、
バックの色が気に入らないとボツにします。
この色の花に、この色のバックは美しくない!となる訳です。
そうすると加工するのですが・・なかなか上手くいきません。
だから感じたままの美しい色彩に撮れた時は嬉しいですね。
今日は?妥協ですかね。笑
好き嫌いは別にして、この新緑の季節だからのグリーン背景。
そのグリーンの中のピンク。今しかない色彩。


<おまけ>
ピンクではないのですが、美しいデザイン!
(芍薬を撮っていたら後ろにありまして)
花火みたい!って、花火は花からのヒントで作られたアート。
綿毛ってイイですね。好きです。


d0316986_23404183.jpg

[PR]
# by voyant-art | 2018-05-03 08:46 | オアシスの庭


アート&自然


by VOYANT

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31