<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

子どもの絵からスタンプ第3弾 クッションを作る

d0316986_12151287.jpg


ほんわかしたキリンさんの絵。一目見た時からクッションカバーにしたいと
思いました。布に押すスタンプはシンプルなデザインが向いています。


d0316986_13194982.jpg

ほんわかほのぼのキリンさんの絵を描いたのは、
カメラ女子のnipopoさんっちのT-kun。う〜んキュート!
nipopoさんの写真は独特な世界で、やわらかな水色の
色彩に包まれた美しい写真です。キリンは黄色ですが、
nipopoさんの世界の色にしたいなっと水色に決めていたの。
のろのろしていたので夏にぴったりの色合になっちゃった。

nipopoさんブログはこちら→chocotto&
d0316986_134396.jpg


トートバッグも作ってみました。
材料のクッションカバーと布袋は100円ショップと無印良品です。
d0316986_12181586.jpg

裏は、いつもの私のパターンで。
d0316986_12193383.jpg
d0316986_1350451.jpg

作り方は長いので、
前ページにまとめました。
作ってみたい方はご覧くださいね。

[PR]
by voyant-art | 2016-08-09 14:35 | 消しゴムスタンプ

子どもの絵からスタンプ第3弾  作り方ポイント

子どもの絵からスタンプ第3弾はT-kunのキリンさんから
クッションやトートバッグを作りました。

d0316986_22445310.jpg


d0316986_11304523.jpg
ほのぼのキリンさんといっしょに
消しゴムスタンプ作り方ポイント



1、作りたいスタンプサイズに子どもの絵を縮小します。
  ポイント:布に押したい時は、やや大きめのスタンプで
  シンプルなデザインが向きます。


2、トレーシングペーパーに濃い鉛筆でトレースします。
  鉛筆面を下にして消しゴムに転写します。
  基本の詳細は「消しゴムスタンプの作り方」参照してね。

  *ある日突然スキルに異変がおき、過去記事の写真がドデカくなってしまい
   レイアウトが崩れてしまいました。ご了承くださいね。



2つのサイズのキリンさんスタンプを作りました。
親子キリンさん出来上がり。何かうれしいですね。
親キリン h95mm×w65mm  子どもキリン h70mm×w45mm

d0316986_22455139.jpg



綺麗に彫れないのは何故?
というご質問を受けましたので今日は彫り方のコツを説明します。


  綺麗に彫れない、ガタガタになる。多分それは・・
  ポイント:
縦の切り込みを入れる時、一気に入れます。
  ビクビクしながら切り込みを入れていると、そのままのラインになります。
  下図のように1〜10と書かれた線は途中で止まったりカッターを抜いてしまったりせず、
  一気にやりましょう。赤い線は一気に切り込みを入れます。
  彫りやすいように消しゴムをくるくる回しながら彫ります。
d0316986_43069.jpg

d0316986_5233796.jpg

切り込みの深さは1mmくらい。1mmってどのくらい?
これはもう作っていくうちに感覚的にできるようになります。
縦の切り込みが終わったら次はカッターを横に持ち、消しゴムを削り落とす。


<その他ポイント>

●布にアクリル絵具を使ってスタンピングする場合は若干深めに彫ります。
●布用スタンプインクもありますが、私はアクリル絵具を使っています。
 アクリル絵具で布にスタンピングする方法は、こちらのページをご覧ください。
●紙にスタンピングはスタンプを下にしてインクを上から軽くポンポンと均等につけます。
 これはアクリル絵具を使って布にスタンピングする時も同じです。

d0316986_584773.jpg
スタンプインクには様々な種類があります。
インクについては、こちらのページを参考に。
今回はマットに仕上がる色がきれいなインク、
VersaMagicを使ってみました。
(下のカード)

●T-kunの絵のままのキリンさんにするには、
足を黄色のインク、ボディは茶系インク。
このように色分けしたい時のやり方は、
子どもの絵からスタンプ第2弾でご紹介
しましたので、こちらのページをどうぞ。


d0316986_11204752.jpg
d0316986_22462737.jpg


<消しゴムスタンプの保管の仕方>


●使い終わったスタンプは水洗いしインクを流し取ります。布インクなど特殊なインクを
 使った場合は石鹸で洗い流します。専用のクリーナーも売っています。
 アクリル絵具を使用した場合は乾燥が速いですから、すぐに石鹸をつけて洗い流しましょう。
●スタンプを保管するには浅い菓子箱が最適ですが、なかなか見つかりませんね。
 プラスチックなどに保管する時は必ず紙を敷いてください。何故そうするかというと、
 みなさんもご存知のように消しゴムスタンプはゴムです。長い間、保管していると化学反応を
 起こすのか?溶けてきます。劣化した輪ゴムを想像してみてね。特殊インクも劣化を早めます。
 ですから綺麗にクリーニングして、紙を1枚敷いた上に保管してくださいね。
 彫ったスタンプ面を上にして保管します。
(上左 写真参照)
 *私自身は35年前に作ったスタンプが未だに健在です。綺麗にクリーニングしなかったスタンプは劣化しました。


あ〜長かったですね。
読んでくださって、ありがとう。
参考になりましたでしょうか?
ご質問がありましたら、
またどうぞ

d0316986_12224120.jpg

[PR]
by voyant-art | 2016-08-09 14:25 | 消しゴムスタンプ


アート&自然


by VOYANT

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

VOYANTのご案内

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ

消しゴムスタンプ
木工オブジェ
販売作品
個展・イベント
自然から学ぶ
好きなアート
お知らせ
オアシスの庭

タグ

(12)
(10)
(9)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

ファン