カテゴリ:消しゴムスタンプ( 11 )

子どもの絵からスタンプ第3弾 クッションを作る

d0316986_12151287.jpg


ほんわかしたキリンさんの絵。一目見た時からクッションカバーにしたいと
思いました。布に押すスタンプはシンプルなデザインが向いています。


d0316986_13194982.jpg

ほんわかほのぼのキリンさんの絵を描いたのは、
カメラ女子のnipopoさんっちのT-kun。う〜んキュート!
nipopoさんの写真は独特な世界で、やわらかな水色の
色彩に包まれた美しい写真です。キリンは黄色ですが、
nipopoさんの世界の色にしたいなっと水色に決めていたの。
のろのろしていたので夏にぴったりの色合になっちゃった。

nipopoさんブログはこちら→chocotto&
d0316986_134396.jpg


トートバッグも作ってみました。
材料のクッションカバーと布袋は100円ショップと無印良品です。
d0316986_12181586.jpg

裏は、いつもの私のパターンで。
d0316986_12193383.jpg
d0316986_1350451.jpg

作り方は長いので、
前ページにまとめました。
作ってみたい方はご覧くださいね。

[PR]
by voyant-art | 2016-08-09 14:35 | 消しゴムスタンプ

子どもの絵からスタンプ第3弾  作り方ポイント

子どもの絵からスタンプ第3弾はT-kunのキリンさんから
クッションやトートバッグを作りました。

d0316986_22445310.jpg


d0316986_11304523.jpg
ほのぼのキリンさんといっしょに
消しゴムスタンプ作り方ポイント



1、作りたいスタンプサイズに子どもの絵を縮小します。
  ポイント:布に押したい時は、やや大きめのスタンプで
  シンプルなデザインが向きます。


2、トレーシングペーパーに濃い鉛筆でトレースします。
  鉛筆面を下にして消しゴムに転写します。
  基本の詳細は「消しゴムスタンプの作り方」参照してね。

  *ある日突然スキルに異変がおき、過去記事の写真がドデカくなってしまい
   レイアウトが崩れてしまいました。ご了承くださいね。



2つのサイズのキリンさんスタンプを作りました。
親子キリンさん出来上がり。何かうれしいですね。
親キリン h95mm×w65mm  子どもキリン h70mm×w45mm

d0316986_22455139.jpg



綺麗に彫れないのは何故?
というご質問を受けましたので今日は彫り方のコツを説明します。


  綺麗に彫れない、ガタガタになる。多分それは・・
  ポイント:
縦の切り込みを入れる時、一気に入れます。
  ビクビクしながら切り込みを入れていると、そのままのラインになります。
  下図のように1〜10と書かれた線は途中で止まったりカッターを抜いてしまったりせず、
  一気にやりましょう。赤い線は一気に切り込みを入れます。
  彫りやすいように消しゴムをくるくる回しながら彫ります。
d0316986_43069.jpg

d0316986_5233796.jpg

切り込みの深さは1mmくらい。1mmってどのくらい?
これはもう作っていくうちに感覚的にできるようになります。
縦の切り込みが終わったら次はカッターを横に持ち、消しゴムを削り落とす。


<その他ポイント>

●布にアクリル絵具を使ってスタンピングする場合は若干深めに彫ります。
●布用スタンプインクもありますが、私はアクリル絵具を使っています。
 アクリル絵具で布にスタンピングする方法は、こちらのページをご覧ください。
●紙にスタンピングはスタンプを下にしてインクを上から軽くポンポンと均等につけます。
 これはアクリル絵具を使って布にスタンピングする時も同じです。

d0316986_584773.jpg
スタンプインクには様々な種類があります。
インクについては、こちらのページを参考に。
今回はマットに仕上がる色がきれいなインク、
VersaMagicを使ってみました。
(下のカード)

●T-kunの絵のままのキリンさんにするには、
足を黄色のインク、ボディは茶系インク。
このように色分けしたい時のやり方は、
子どもの絵からスタンプ第2弾でご紹介
しましたので、こちらのページをどうぞ。


d0316986_11204752.jpg
d0316986_22462737.jpg


<消しゴムスタンプの保管の仕方>


●使い終わったスタンプは水洗いしインクを流し取ります。布インクなど特殊なインクを
 使った場合は石鹸で洗い流します。専用のクリーナーも売っています。
 アクリル絵具を使用した場合は乾燥が速いですから、すぐに石鹸をつけて洗い流しましょう。
●スタンプを保管するには浅い菓子箱が最適ですが、なかなか見つかりませんね。
 プラスチックなどに保管する時は必ず紙を敷いてください。何故そうするかというと、
 みなさんもご存知のように消しゴムスタンプはゴムです。長い間、保管していると化学反応を
 起こすのか?溶けてきます。劣化した輪ゴムを想像してみてね。特殊インクも劣化を早めます。
 ですから綺麗にクリーニングして、紙を1枚敷いた上に保管してくださいね。
 彫ったスタンプ面を上にして保管します。
(上左 写真参照)
 *私自身は35年前に作ったスタンプが未だに健在です。綺麗にクリーニングしなかったスタンプは劣化しました。


あ〜長かったですね。
読んでくださって、ありがとう。
参考になりましたでしょうか?
ご質問がありましたら、
またどうぞ

d0316986_12224120.jpg

[PR]
by voyant-art | 2016-08-09 14:25 | 消しゴムスタンプ

子どもの絵からスタンプ第2弾 4スタンプ絵本?

スタンプ絵本、作りた〜い!!

d0316986_21181771.jpg

スタンプを押すと物語が生まれてくるね。

絵本のようなスタンプの世界があって、
作り方もしっかり丁寧に載っていて、
いろいろなものに押して作ったサンプルもついていて、
楽しいよね。きっと。ボヤントさんのスタンプ絵本。
その日のために、こうしてまとめているの。
特に子どもの絵から起こすスタンプは楽しいね。
あと恐竜スタンプね。いっぱい持っているんですよ。
そのうち公開しますね。


第2弾の絵を募集したのは2014年5月だった。
それなのに長〜い間stopしてしまってね。
仕事じゃあないから〆切がなく、後回し後回しにしていました。
やっと完成できたのは締め切りができたからなのよ〜。
この絵を見てピンときた方はいらっしゃいますか?
d0316986_2129037.jpg

以前ご紹介した「すてきな贈りもの」→
クワガタの絵を描いてくれたEちゃんママ=uvmamaさんから頂いたの。
褒めたら頂いてしまったので、じゃあ物々交換にしましょうと。

d0316986_0334265.jpg

d0316986_23575088.jpg
ハイ、こちらからはスタンプと押したモノ一式を。

d0316986_025642.jpg

d0316986_21434479.jpg

d0316986_0372824.jpg

d0316986_21594916.jpg












11月に日本に帰国されるというので、それが締め切りとなったの。
急げ〜。クワガタはちょっと失敗作なんだけどね。ともかく急げ〜。
カナダへもう帰る2日前に滑り込みセーフでお送り致しました。
作り方を載せつつの編集がまたもやスローでして、
もうとっくにuvmamaさんは記事アップしているの。コチラです→
Eちゃんばっかり作ってしまったので右はお兄ちゃんの絵からスタンプ。

*作り方の説明写真を撮りたくても、Eちゃんスタンプはすでにないので、
手元にあるTくんスタンプで、もう少し詳しく作り方のポイントなどを
次回説明させて頂きますね。質問して頂けると大変助かります。


「子どもの絵からスタンプ第2弾1〜4」
Eちゃん、たくさんの絵をありがとう!
E-art いいアートだよ!!

d0316986_23191620.jpg


★この記事アップから時折、画像サイズが乱れます。大きくなってしまい画面からはみ出してしまったり・・。
過去記事写真も乱れます。只今、原因究明中。お分かりになる方がいらっしゃいましたら教えてください。

[PR]
by voyant-art | 2016-02-14 00:01 | 消しゴムスタンプ

子どもの絵からスタンプ第2弾 3、布に押す

子どもの絵からタピストリーを作る
子どもが描いた絵をカーテンにするのが夢だった。

d0316986_7322892.jpg

Eちゃんは、たくさんの絵を送ってくれました。
その中から彫りやすい絵を選んでスタンプにしました。
今日はコレ!

ほのぼのとした絵はEちゃんが4歳の時に描いた絵だそうです。
第2弾は布に押したかったので、大きめに作りました。

d0316986_1637183.jpg

まずは紙に押してみる。
d0316986_1985348.jpg

どうやって布に押そう?
女の子だから、明るい色でいきましょうか。

d0316986_16383167.jpg


d0316986_7464837.jpg

昨年秋のアウトレットでE-chanママが右のタピストリーを
購入してくださいました。これがヒントになりました。
この時のスタンプと組み合わせたら楽しいかな?

d0316986_13425447.jpg
布袋も作ってみました。
こちらはシンプル。
丸とか四角の幾何学スタンプが
あると便利。とっても好きなの。
何となくデザインっぽくなるね。

4歳のE-chanの絵にはサインが
入っていたの。なんと鏡文字だった。どこの国の子も同じなのね。
かわいい〜!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<作り方>
布に押す時はアクリル絵具を使用します。アクリル絵具は乾燥が早く絵具が固まってしまうので、
細かい図案のスタンプは適しません。面タイプがいいでしょう。また通常より深めに彫ります。

「布に押す」作り方はコチラ 魚をクリック

d0316986_16525954.jpg

d0316986_17134230.jpg

<インクのつけ方>
前ページに記したようにスタンプを下にして絵具を含ませたスポンジを上から均等につけます。
ここでもう1度、E-chanの絵を見てみましょう。この色鉛筆着色のタッチがいいですね。
この感じが気に入ったので絵具をつけたスポンジを流すようにつけてみました。(4)

今、気づきました!スタンプ版は線の向きが逆になるんでしたっけ。絵と同じ方向にしてしまったわ。


<目について>
目はコンパスの針をブスっと刺してつけますが、アクリル絵具では埋まってしまいます。
×じゃあ、小さな丸スタンプで押してみましょ。小さいスタンプなのに大きすぎた。(1)
×じゃあ、手描きするしかないわね。原液は描きづらいので、ちょっと水で溶きました。
 また失敗!にじんでしまいました。(2)
やっぱり原液のままで目を入れてみましょうか。これでOK!(3)

馬も作ったのよ。かなりジミーズ。E-chanの絵はかわいいけれどケバイ配色じゃあないんだ。
意外にシック。この色のセンスいいね〜。それを活かしたくてジミーズに。
d0316986_19594949.jpg

偶然、馬色になっちゃったけれど例えばピンクの馬でもいい。
色を自由に変えられるところがスタンプの魅力のひとつでもあるね。
概念を打ち破る、これがアートだと思う。


まだまだ、あります。楽しんでね。

[PR]
by voyant-art | 2016-01-30 20:35 | 消しゴムスタンプ

子どもの絵から消しゴムスタンプ第2弾 2,スタンプを押す

前ページ「スタンプを作る」のつづきです。
さぁ、押してみましょう。
 色や押し方を楽しみましょう。

d0316986_21341113.jpg


<スタンプインクのつけ方>
ごめんなさい。フクロウでインクのつけ方写真を撮り損ねましたので、
突然ですが年賀状の馬で説明写真がありましたので、馬を使います。
d0316986_15105793.jpg

<部分的に色を変えて押す>

d0316986_15104653.jpg
1、最初にボディにインクをつけます。
  なるべく、つけたい部分だけに
  インクがつくようにしましょう。








2、頭・羽・足の部分はボディより濃いめのインクを
  用います。写真ではわかりやすいように、
  濃いインク部分だけにしましたが、
  実際は下のようになりますね。







*この方法を使うと、どうしてもインクが
 混じりやすくなります。
 薄い色は濃い色に負けやすいので、
 薄い色を先につけます。
 つまり端の方に濃い色を使う
 色デザインになるのかな?

*写真のフクロウのように連続して押す時は、
必ず1度スタンプに付着したインクを 
ティシュペーパーなどで拭き取りましょう。 



お気づきでしょうか?目は白目の中に黒い目を残すのは彫るのが大変なので、
全部くり抜いて、後からペンで黒目を入れています。でもね、こうすると、
いろいろな表情のフクロウが生まれるのよ。よーく見てね。目の向きが違うでしょ?
左を向いたり右を向いたり、上を見たり下を見たり。ひとつひとつに魂が宿った感じね。


<森のフクロウ物語>
いろいろ押してみましょう。
d0316986_2217689.jpg



フクロウは布に押さなかったけれど、こんな感じもいいね。
フクロウの袋、欲しかったね。


d0316986_2245885.jpg

次回は布にスタンプです。お楽しみに!


前ページのフクロウ・スタンプが生まれてくる工程も見てね。

[PR]
by voyant-art | 2016-01-19 22:40 | 消しゴムスタンプ

子どもの絵から消しゴムスタンプ第2弾 1,スタンプを作る

子どもの絵って本当にいいね。

d0316986_524498.jpg

今日はカナダのEちゃんが描いたフクロウの絵から
スタンプを起こしました。
d0316986_7162087.jpg
1、鉛筆の線画で、かなり細かい描写。
  子どもの観察力って凄いですね。
  この絵を作りたいスタンプサイズに縮小拡大します。

2、スタンプサイズが決まったら、
  輪郭をB以上の鉛筆でトレシングペーパーに
  トレースします。

3、どう彫るかを決めます。
  線画のまま彫りたければ、かなりの技術が必要ですが
  チャレンジしてみるのもいいでしょう。
  私は、こんな風にしました。下

4、トレペにトレースした絵を消しゴムの上に転写します。
  トレースした鉛筆面を下にし、指の平で消しゴムに
  こすりつけます。ブレないようにトレペを押さえてね。

d0316986_22551216.jpg

*彫り方はコチラの作り方ページを参照してね。写真クリック

d0316986_98346.jpg

つづきは押し方ね。

[PR]
by voyant-art | 2016-01-19 21:30 | 消しゴムスタンプ

1982-1990 消しゴムスタンプ作品集 N04

消しゴムスタンプで食器デザイン

d0316986_21504035.jpg

 
消しゴムスタンプは進化し続け、やがて幾何学スタンプによるアートデザインへと




1991年から本格的に始まった木工は、消しゴムスタンプの発想から生まれました。
平面を立体にしたり、スタンプのポンと押す軽やかさは後の抽象画の基礎となりました。
ザックリとですが消しゴムスタンプの流れをご紹介致しますね。
木工作品へ、どう変化していったのでしょうか?

  注)写真は紙焼き写真や掲載された雑誌本を写真撮りしたものも多くあります。
    画像が凄く悪くてごめんなさいね。

 

はじめは、ここから ・・・・・・・・・・・・・・・・
1983年に消しゴムスタンプの本を出版してから、
数多くの雑誌で取り上げられました。最初はマイスタンプね。
消しゴムスタンプの幕開けとなりました。
d0316986_2324433.png

d0316986_1451547.png
自分のゴム印を欲しい〜!から始まった消しゴムスタンプの本の
企画書は当時どこにもなかったアイデアだったので通らなかった。
そういう中で、鬼の編集長と呼ばれた人物と出会った。
彼女なくしては、この本は生まれなかったのよ。
感謝してもしきれない想いが私にはあります。
私の提案した企画書に更に実用性を加えたのが編集長でした。

ビンセンや包装紙、押し方によるアイデアなどは生かして頂きつつ
需要の多いカード類や布に押す楽しさから生まれたTシャツや袋は、
編集長からのアドバイスだったと思います。
誰でも作れること、そのために妥協せず徹底した丁寧な説明をつける、
これが編集長の考え方でした。
本は全国学校図書推薦本に選ばれ、全国の図書館や学校に
収められました。出版後、多くの雑誌社から依頼を受け、
消しゴムスタンプブームが起きました。
スタンプインクも消しゴムも数年後に開発されたの。
一大旋風だったのよね。



d0316986_1928876.png


1987年頃から →→→→
幾何学スタンプに変化していったの。
イラストレーターは机上の小さな世界。
ブワァ〜っと大きな絵を描きたくなった頃、
宇宙が頭の中で浮かび始めていたの。
それを表現するのに幾何学はピッタリだった。

あれれ?30年前だから時効ね。
若いVOYANTさん初登場。
このブログを見ている人は少ないからね。
クリックすると文を読めます。
私自身忘れていたよ。


d0316986_19314660.png
百貨店のディスプレイ。→→→→
大きな封筒を厚口のトレシングペーパーで作ったの。
なんとなく分かりますか?この幾何学が木工パーツとなり、レリーフ画になっていったの。

その頃、カフェ・レストランの
食器デザインも手がけた。
これはプレゼン用のアイデア・デザイン。↓


d0316986_19283519.png

依頼された食器デザイン。ロゴもスタンプで起こしました。

d0316986_21504995.jpg


元になったデザイン画。これはスリガラスの模様にもなりました。

d0316986_2151121.jpg

d0316986_19282319.png

ごめんなさい。額のアクリルの上から撮影した写真を写真撮りしています。
画質は悪いのですが、このスタンプによる宇宙抽象画が後の原点となりました。
A全サイズ。結構大きいです。
キャンソン紙黒にシルバー、ゴールド、水色、スカイブルーなどのスタンプインク。
このシリーズで壁画制作やテーブルデザイン、レターヘッド制作を依頼されました。
幾何学は宇宙記号文字のようで、今でも魅力的な形です。




前ページの最後に紹介した「GOD展」1990年の表紙と中味。
蛇腹形の本のようなものを支給され各自、自由に創作。
この時より作品に詩をつけるようになりました。
右の絵はその後、依頼を受けレリーフ画になりました。
d0316986_19265530.png


長いページを読んで下さり、ありがとうございました。
次回は木工作品集の続きに戻ります。

[PR]
by voyant-art | 2015-02-15 17:17 | 消しゴムスタンプ

子どもの絵から起こす消しゴムスタンプ その4 総集編

前ページのつづきです。

スタンプができると、
いろいろ押して
何かを作ってみたくなるね。


d0316986_0313994.png


たとえば、布袋。
カーテンも作ってみたいな。
子ども部屋に子どもの絵スタンプのカーテン。
いいなぁ〜。
d0316986_0293026.png


今回は布まで押せなかったので
シュミレーションね。


d0316986_0425460.png
d0316986_0343279.png
d0316986_044283.png
d0316986_10565763.png
d0316986_0341429.png
d0316986_0472063.png

d0316986_1092824.png
d0316986_0481189.png
d0316986_0475792.png


どれが何になったのか、わかるかしら?

その1→こちら
その2→こちら
その3→こちら



ラッピングもスタンプで

d0316986_10165971.png
前にもご紹介しましたが、
ビニールにも押せる
スタンプインクがあるの。
お気に入り&便利ですよ。
ちょっとしたプレゼントに、
こんなラッピングも
いいよね。

ラッピングの中味は私の作った、
木の恐竜と恐竜カードです。


ツキネコのスタンプインク
ステイズオン・オペーク
全14色

d0316986_101729100.png
d0316986_1017203.jpg




***********************

訪問してくださった方々、お役に立ちましたでしょうか?
是非作ってみてくださいね。
作り方などのご質問がありましたらコメント欄で答えますよ。
次回は布を予定しています。アップは夏です。
次回にご協力して頂ける絵を募集しています。
(1シリーズ5人くらい)



今回ご協力頂いた方々をご紹介します。

子どもたちの絵から様々な実例を作ることができました。
心より感謝。どうもありがとう!

d0316986_11371522.png
その2 <実例2>に登場
「はぐくむキッチン」の にこりさん
にこりさんっちのほほちゃんが絵を描いてくれました。
日々の暮らしや得意の料理レシピつきで紹介しています。
なんとも、ほんわかしたニコニコしてしまうブログです。




d0316986_11372559.png
その3<実例3>に登場
「DOUBLE RAINBOW」のmoomstarさん
親子絵画教室に通う絵の大好きなmoonstarさんたち。
絵の上手な姉妹の作品や鳥が大好き自然観察も大好きの子育てブログです。
マークはお子さんの絵から刺繍されたとか。とーっても素敵。

d0316986_11373413.png
その3<実例4>に登場
「虹色せんべい」のおかきさん
もう子育ては終わっていますが、お子さんの小さな時の絵を提供してくださいました。
おかきさんはネコが大好き。そして小物作りもするし、カリグラフィーもされています。
格好いい文字のカードも登場するブログです。

d0316986_11375162.png
その4<実例5>に登場
「イギリスウェールズの田舎生活」のkikiyohyohさん
イギリスの田舎の広大な敷地の中で家族5人と犬・馬・羊・アヒル・ニワトリ、
その他いろいろと暮らしています。夫君は陶芸家。家族みんなモノ作り大好き。
今回はやんちゃな次男坊くんが絵を描いてくれました。

d0316986_14315539.png
次回登場予定です。その1にちらっと登場
「yoccoh.こどもたち ものづくり」のyoccohさん
子どもの手づくりかばんやお洋服などを制作されています。「子どもかばんのお店」
ブログマークのネコヌイグルミはお子さんの絵から作ったそうです。
そのネコちゃんのスタンプ。作り方や応用は次回をお楽しみに。

d0316986_1450251.png

[PR]
by voyant-art | 2014-05-15 12:30 | 消しゴムスタンプ

子どもの絵から起こす消しゴムスタンプ その3 作り方

前ページからのつづきです。
このページは3ページ目です。

ちょっと大人っぽく

スタンプは押し方で変わる



d0316986_23245511.png


密度を濃くして押す。間隔を開けて押す。
地色を押してからメインスタンプを押す。
色を変えて押す。
そのバリエーションは尽きる事がない。
それがスタンプの面白さ。

d0316986_23252610.jpg

d0316986_23261683.png

<実例5>
ユニークでキュートな恐竜の絵を描いてくれたのは、
kikiyohyohさんの次男坊。
顔がいいんだよね。でもこんなに小さな顔の目なんて
彫れないよ〜。

d0316986_23271381.jpg



はじめは面スタンプを作りました。(下のカレンダーの一部)
実例2と同じ方法で三角刃で模様を入れました。
ん?なんだか亀みたい。
じゃあ、頑張って線画で彫ってみましょうか。

線画だけで作ったスタンプで押したのがトップ。
ちょっと色もつけたいな。ボディだけのスタンプを別に作ります。
あ、しっぽも必要でしたね。上の写真
恐竜スタンプ 8×3.5cm  カメ恐竜6.5×3cm

長方形のスタンプで地色を作って、それから押すとまた雰囲気が変わるね。

d0316986_23281264.png


カレンダーを作るのもいいね。

d0316986_23284984.png

d0316986_2329650.png


まだつづきます。

[PR]
by voyant-art | 2014-05-11 00:01 | 消しゴムスタンプ

子どもの絵から起こす消しゴムスタンプ その2 作り方

前ページからのつづきです。
このページは2ページ目です。
d0316986_1612114.png



d0316986_145343.png
<実例3>

鳥がすきなmoonstarさん親子。
鳥の絵をいっぱい頂きました。
その中から選んだのはコレ。
そのままをトレースしました。

下の飛んでいる鳥のくちばしは、
スタンプインクで色分けをする場合は、
ないほうがよかったですね。反省。
小鳥さんSサイズ 5×2.5cm 飛んでる鳥 4×4cm
小鳥さんLサイズ 6.5×4cm/5×5cm 
2サイズ作ってみました。トップ写真


d0316986_1535964.png



d0316986_14154894.png
ブックカバーもかわいいし、
包装紙にしてもいいよね。

d0316986_15535740.png

ハイ、遊ばせて頂きました。
スタンプを使って、お話もできそうですね。




さてつづきは
ネコがいっぱい

d0316986_14143284.png


<実例4>
d0316986_163237100.png
スカートをはいたようなネコちゃん。
はじめ、実例2のように顔は三角刃で彫ってみました。
ものの見事に失敗したので、
顔はあとからペンで入れる方法に。
気合いを入れて、もう一度。
ついでなので、しっぽをつけてみましたよ。

いろいろな顔を作れるから返って面白いかも。
カラフルなネコちゃんもスタンプならではですね。

耳や足などをインクで色分けすると、
いろいろな柄のネコが生まれてきますよ。
こうなると、また楽しいね♪♪
スタンプに直接色分けしてから押します。
スタンプサイズ 4×3.5cm

d0316986_16322576.png

point: 色分けして使う場合は押し終わったら必ずティッシュなどでインクを拭き取ってくださいね。
色を変える場合も同じです。言い忘れ続けてしまいましたが、これは基本です。



こんなプリント生地があったらいいな。
d0316986_16511911.png


まだつづきます。

*まだつづきます。をクリックすると次のページに行きます。前ページをクリックすると前の記事へ。

[PR]
by voyant-art | 2014-05-10 16:57 | 消しゴムスタンプ


アート&自然


by VOYANT

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

VOYANTのご案内

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ

消しゴムスタンプ
木工オブジェ
販売作品
個展・イベント
自然から学ぶ
好きなアート
お知らせ
オアシスの庭

タグ

(11)
(10)
(9)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ファン